新年快樂!台湾カルチャーメディア「台湾品質」からの5つのアピール

新年、明けましておめでとうございます。

昨年暮れ、12月1日。

東京・蔵前のお店「台感」のオープンと同時に、台湾カルチャーを日頃からもっと日本のみなさんに楽しんでいただくためWebメディア「台湾品質」をローンチしました。

僕自身Webメディアの運営をするのは初めてで、敏腕編集者である副編集長の岸本さんをはじめ、「超」がつくほど日本通ライターのチョウさんや台湾アートカルチャーにめっぽう強いイラストレーターの永岡裕介さんに助けられながら、ようやくこのWebメディアのスタートを切ることができました。

おかげさまで、各所より好評いただいております。
ですが、まだまだメディアとしてはヒヨッコ。

そこでこの新年の挨拶にあわせて、今年「台湾品質」はもっとこうなりますよという5つのアピールをさせてください!

 

1、続々増えている台湾通のみなさんが仲間入り!

連載「台湾と私」がもっと賑やかになります!

年々続々と台湾通と呼ばれる方が増えております。現在記事を書いているのは私含めて4人ですが、連載コーナーである「台湾と私」を中心に今年は様々なジャンルで魅力的な台湾通の皆さんに登場していただき、それぞれの視点で台湾の魅力をじゃんじゃん発信していただきます。

 

2、もう送料なんて気にしない!

いつでもどこでもオススメの台湾雑貨や商品が購入できます!

1月後半スタートを目標に準備を進めております「台湾品質」のECサービス。東京からの出荷になるので、これまで海外からのネットショッピングで心配していた送料問題もこれで解決!

もっともっと気軽に台湾の雑貨や商品が買えちゃいます!

 

3、Webとリアル店舗で楽しさ2倍!

ギャラリー「台感」と連動する「今月の“台感”」

蔵前にオープンしたTaiwan Tea&Gallery「台感」では今後約1ヶ月スパンで台湾の最新カルチャーやおすすめのアーティスト/クリエイターを紹介するポップアップの企画を展開していきます。

それに並行してこのサイトの「今月の“台感”」のコーナーではその企画展をより楽しんでもらえる特別コンテンツを発信していきます。もちろん記事だけ読んでいただいても楽しめますが、是非蔵前の方にも足を運んでいただき、両方で2倍楽しんでいただければと思います!

 

4、台日間のお仕事やチャンスを「台湾品質」がつなげます!

「台湾品質」は台湾のカルチャー/クリエイティブに関するヒト・モノ・コトを日本のライフスタイルに浸透させるべく立ち上がったメディアです。台湾の多才なヒトと日本での面白いお仕事を繋げ、より台日間がもっとアグレッシブに交わり、盛り上がっていけばと考えております。コーナー「台日なお仕事」今年スタートです!

 

5、「台湾品質会員サービススタート!

台湾品質では東京・蔵前のお店「台感」や「InBlooom印花楽 蔵前」でのショッピングやイベントをお得に楽しんでいただき、さらには台湾旅行の際も現地で様々な特典が受けられる会員サービスを準備しております。

Webからの加入やサービスの詳細など、また改めて詳しくご紹介させていただきます。

 

いかがでしたでしょうか?

私LIPの田中、そして運営の株式会社Vidaway、蔵前のお店のスタッフ、そしてメディア「台湾品質」編集部
チーム一丸となって、台日系カルチャー盛り上げていきます。

今年も何卒よろしくお願い致します。

日常に台湾を!

台湾品質
田中佑典(LIP)
2018年 元旦